2つの塔を行き来するケーブルウェイクボード
By Gin On 27 7月, 2012 At 10:16 PM | Categorized As ケーブルウェイクボード | With 0 Comments



「家の農場の池でウェイクボードをやりたい」そんなとんでもない夢を実行した二人の男の紹介です。

ウェイクボードを牽引する方法は、池の両端に設置された二つの塔からゲレンデのリフトのようにケーブルを引っ張っています。

塔間の距離は140メートルあり、滑走可能距離は100メートル。
ケーブルウェイクボードを楽しむ人と別に塔のケーブル操作をするオペレーターが一人必要なようです。
動画では親戚のおじさんが操作しています。

結構な速度で滑走していますが、海外の視聴者の感想で「ウェイクボードを手から離したときに自動的にケーブルが止まる「キルスイッチ」がないと危ないのでは?」など以外と冷静な感想が多いようです。

以前、紹介した「ショベルカーで水陸サーフィンが面白そう 」などようは牽引できたらなんでもありな気がしました。

ツイートツイート

About - 猫舌+知覚過敏でぬる~い食べ物が大好物。でも過激でホット&クールなエクストリームスポーツはもっと大好きです。最近MTBで四国横断の旅に出かけたら峠で初のハンガーノックを体験・・・栄養補給の大切を改めて感じた今日この頃です。

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">