「そこにシワがあるから・・」極限状態の場所で平然とアイロンを掛けるアイロニスト達。
By Gin On 11 10月, 2016 At 06:03 PM | Categorized As エクストリーム・アイロン掛け, パロディ | With 1 Comment


難易度の高いクライミングを伴う斜面や山頂から、上空、海底まで極限と呼ばれる場所でアイロン掛けるアイロニスト達(ironist)彼らはこう言う「そこにシワがあるから」そんなアイロニスト達の挑戦の数々をご紹介

難易度の高いクライミングを伴う斜面や山頂から、上空、海底まで極限と呼ばれる場所でアイロン掛けるアイロニスト達(ironist)彼らはこう言う「そこにシワがあるから」そんなアイロニスト達の挑戦の数々をご紹介。

・エクストリームアイロン掛けの競技ルール
(1)涼しい顔でアイロン掛けをしなければならない。
(2)斜面や山頂から、上空、海底、宇宙・・そこがどんな極限の場所でも涼しい顔でアイロン掛けをしなければならない。

・アイロニスト達が抱える問題点
開催場所にコンセントがない。

逆立ちしてアイロン掛け
逆立ちしてアイロン掛け

バクダットでアイロン掛け
バクダットでアイロン掛け

イラクでアイロン掛け
イラクでアイロン掛け

綱渡りでアイロン掛け
綱渡りでアイロン掛け

洪水でもアイロン掛け
洪水でもアイロン掛け

バンジージャンプ中にアイロン掛け
バンジージャンプ中にアイロン掛け

ロッククライミング中でもアイロン掛け
ロッククライミング中でもアイロン掛け

修行しながらアイロン掛け
修行しながらアイロン掛け

南極でアイロン掛け
南極でアイロン掛け

取り押えられてもアイロン掛け
取り押えられてもアイロン掛け

ブランコからジャンピングアイロン掛け/鍾乳洞でアイロン掛け
ブランコからジャンピングアイロン掛け/鍾乳洞でアイロン掛け

水中でアイロン掛け
水中でアイロン掛け

建築中でもアイロン掛け
建築中でもアイロン掛け

挟まってもアイロン掛け/山頂でアイロン掛け
挟まってもアイロン掛け/山頂でアイロン掛け

スカイダイビングアイロン掛け
スカイダイビングアイロン掛け

宇宙でアイロン掛け
宇宙でアイロン掛け

■パワーショベルを使ったアイロン掛け

■砂嵐の中でアイロン掛け

■スカイダイビングでアイロン掛け

・高度世界記録
南アフリカのY字の星”(South African Ysterによるキリマンジャロの頂上(5859m)でのアイロン掛けだったが、現在はアイロン男・カリック”(Iron Man Carrick)によるアルゼンチン・アコンカグアの頂上(6959m)。

・水中最深記録
ダイブ・ガール(Dive Girl)による水深100mでもアイロン掛け。

・水中の多人数エクストリーム・アイロン掛け記録
ニュージーランドのチームが世界記録を保持していたが、オーストラリアのスキューバダイビングチームが43人同時アイロン掛けに成功したことで新世界記録保持チームに。
※現在ニュージーランドチームが新記録への挑戦中らしいです。

・苛酷な状況で衣類にアイロンを掛けた最長の記録
創始者であるフィル・ショウがクリスマスの買物客が困惑している所の20メートル上空で、透明で巨大な箱の中でアイロン掛け。

・フルマラソン記録
ロンドンマラソンにてクリース・ライトニンがアイロン道具を全て装着し、途中で服にアイロンを掛けながらフルマラソンを4時間8分で走破。

・日本でのアイロニスト達
エクストリームアイロニングジャパン代表の松澤達による愛用アイロンセットを背負って単独富士山登頂に成功。驚くことに25キロの発電も背負っての熱源の完全に確保にも成功している。
さらに下山後にそのまま山頂で使用したアイロン台でサーフィンをしながらアイロン掛け。
そして同日、相模湾の海底における水中アイロニングの偉業を達成。
この伝説は世界で唯一「居間と山頂と海上・海底を味わった、地球体感的アイロン台」として認定されている。

現在、エクストリーム・アイロン掛け競技会はIOC(国際オリンピック委員会)にオリンピックでの正式種目への登録交渉中だそうです。


ツイートツイート

About - 猫舌+知覚過敏でぬる~い食べ物が大好物。でも過激でホット&クールなエクストリームスポーツはもっと大好きです。最近MTBで四国横断の旅に出かけたら峠で初のハンガーノックを体験・・・栄養補給の大切を改めて感じた今日この頃です。

Displaying 1 Comments
Have Your Say

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">