新時代の幕開けか!?エクストリームスポーツ「エロ本隠し」
By Gin On 11 6月, 2013 At 03:05 PM | Categorized As エロ本隠し, パロディ | With 0 Comments


社会的エクストリームスポーツの代表的なエクストリーム「エロ本隠し」
きっと日本の多くの男性諸君はがご存じであろう・・この競技は主に家族と同居する男性を中心として行われる。答案隠しに通じるものがあり、時には共催される場合もある。一説によると日本人男性の3/8以上が競技に参加した経験があるとも言われる、大変人気の高いエクストリームスポーツである。近年は少子化とデジタルデータの普及によって、多くの人がエロ本隠しinパソコンに移行している。

アンサイクロペディア「エロ本隠し」一部抜粋

ルール
・プレイには2人以上必要で、プレイヤーは隠匿者と捜索者に分かれる。
 
捜索者で最も多いのは「母」。「兄弟・姉妹」「彼女」「悪友」「いじめっ子」「息子・娘」「嫁」「愛人」「執事」「メイドさん」「祖母・祖父」「大家の娘」も こちらに回ることがある。稀に「ぬこ」が参加することも。あまりにもブツが幼女物すぎると「警察」も参加。「父」は高確率で二重スパイ。
・まずは隠匿者がエロ本を自室に隠匿し、その後 捜索者が捜索を行う。
・隠匿者は複数の隠し場所を使用しても良い。
・隠匿者は隠し場所を何度変更しても良い。
・答案隠しと異なり、時効は相当長いか、無いとも言える。
・隠匿者が得られる得点は、本の内容に影響される。(後述)
・もちろん冊数が多ければ多いほどスコアは増加する。
・隠匿者が勝利条件を達成するか、捜索者がエロ本を発見後に繰り出す技にてラウンド終了。ただし、捜索者が後述する「略奪」を選択した場合は試合続行となる。

※本競技の8割以上は母対息子の間で行われているというデータもある。捜索能力は恐るべきもので、息子に対する愛情、本能で探す為、本競技最強の存在であることには疑いの余地はない。息子の非行を正さんとする(見つけて取り上げたからといって正せるかどうかは不明)教育的理想を持って捜索にあたるため、見つかるまでは捜索をやめないこともしばしばである。隠匿側はともかくも全英知をもってかかるべき相手であり、篭絡等の小手先の回避術はなんら役に立ったためしがない。

隠匿側が腐女子の場合かつ母本人も腐女子の場合は隠匿側の味方になることもあるが、母親権力でこっそり失敬してしまう場合も多く、あまり信頼のおける相手ではない。それでも隠匿側の味方確定の状況までもっていければ強力な存在であることは間違いない。長年鍛え上げられたヘソクリ隠匿術により、巧妙かつこまめにエロ本を運用する。隠匿側となった場合は、得点よりも実利を重要視する傾向にあることは特筆すべき点であろう。

勝利条件
隠匿者が捜索者にエロ本を発見されずに以下の技を決めてしまえば完全勝利である。その後は次ラウンドでよりハイスコアを目指すことになる。

廃棄
不要となったエロ本を処分してしまう。昨今の環境保護の観点からすると古紙回収が望ましい。また、古書販売店へ持ち込み、生活の糧に変える事も廃棄に当たる。売却後はそれで得た小銭でまたエロ本を買い、次ラウンドをスタートさせる事が出来る。なお、隠匿者が18歳未満であるにも関わらず売却が成功した場合は一定のボーナスポイントが与えられる。

譲渡(不特定)
新規プレイヤー獲得のため、持ち去られる事を前提に廃棄を行う。人通りが少ない所(川原・林の中など)にエロ本を放置するのが一般的。発見される事が目的なので「外である事」「大人に見つからない事」「人通りが少ない事」「雨に濡れない事」等が重要視される。なお、ノスタルジーからかあえて濡れる場所に置く派の存在も確認されているが、ビニール袋で包む等の保護も行っておきたい。設置した場所が良ければその日のうちにエロ本は消える。持ち帰るのは大体が小中学生であり、学校の行う曖昧な性教育と異なり、カラー写真や説明によって具体的な行為についてわかりやすく説明されているので好奇心旺盛な小中学生は自主的に学び取る。よって彼等の性教育に大きく貢献できる。エロ本を普通に書店で購入出来る20代は持ち帰らない事が多いとされる。逆に考えるとエロ本を普通に購入出来ない層の行動パターンを考える事で高得点が期待出来る。なお、成人女性に見つかった場合は問題になってビラ等が配られる事もある為、路上に置けばそれで終わりでは無い点に注意が必要である。

独立
大学進学などの理由で一人暮らしを始める。勝利と共に競技からは引退となる。ただし、「アパートに親が遊びに来た際に、勝手に部屋を片付けられて……」というシナリオを排除すべきではない。

基本的な技(スキル)
隠匿者・捜索者の使える必要最低限の技。一つでも極めれば超高レベルの応用技を創ることも可能

隠(イン)
文字通り「隠す」行為、レベル0が「机の上に置く」
基本的に隠匿者の大半がこのスキルを極めている。(2ch調べ

偽(ギ)
一見見ただけでは変わらないようにする技、代表は「ブックカバーをかける」「表紙を取り換える」等
数多の人は保険のような感じで使っているが、このスキルを極めれば「机の上に置く」だけでもばれない。と言われている
現時点での最高技はステルスエロ本。初心者最初の壁は「付け替えたカバーの処理」だとかなんとか

言(ゲン)

隠匿者が絶対に使いたくない技ワーストワン。
主な代表技は「言訳」「説得」「条約」等、行動ではなく相手の精神に関する業である。もし世間体が気にならなければ、このスキルを使って公然とナニをすることも可能
見つかったとき以外に査察の行動を制限したりすることも可能ただし捜索者の擬を助長させてしまう事も

捜(ソウ、掃とも)

主に捜索者が使う、捜索者最初の試練。これを成功させなければ次の技にはいけない。
基本的な条件が「捜索範囲」「捜索スピード」「捜索の正確さ」等。捜の技は下記参照

ツイートツイート

About - 猫舌+知覚過敏でぬる~い食べ物が大好物。でも過激でホット&クールなエクストリームスポーツはもっと大好きです。最近MTBで四国横断の旅に出かけたら峠で初のハンガーノックを体験・・・栄養補給の大切を改めて感じた今日この頃です。

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">