バスケットとトランポリンの融合スラムボール!!
By Gin On 3 10月, 2013 At 04:39 AM | Categorized As その他, スラムボール | With 0 Comments


バスケットコート一面にトランポリンを設置したバスケット「スラムボール」エクストリームスポーツとしてアメリカで人気スポーツになりつつあります。
このスラムボールのルールはバスケットと似ています。

1試合は1セット12分間で計4セットの4分間となります。
ベンチ入りは9人までその内の4人が試合に出ることになり4人対4人で試合を行います。
スリーポイントラインの外側からのシュートとスラムのダンクは3ポイント。
それ以外は2つのポイントとなるようです。

アイスホッケやアメフトのラフプレイも多く乱闘はほぼ毎試合発生するようです。

安西先生・・・スラムボールがしたいです

ツイートツイート

About - 猫舌+知覚過敏でぬる~い食べ物が大好物。でも過激でホット&クールなエクストリームスポーツはもっと大好きです。最近MTBで四国横断の旅に出かけたら峠で初のハンガーノックを体験・・・栄養補給の大切を改めて感じた今日この頃です。

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">